コース紹介

HOME > 学科紹介 > 在校生メッセージ

在校生メッセージ

同じ夢に向かう明るく元気な仲間!
photo
卒業3年後には管理栄養士に!
私は保育園に就職希望しています。小さなころから苦手な食べ物があり、私自身が苦しい思いをしていました。しかし、母の美味しい料理で食べられるようになった食べ物が増えました。そんな体験から子供たちの好き嫌いを減らしていけるようなメニューを考えたいという夢が出来ました。苦手な食べ物でもこんなに美味しいんだ!と思える調理が出来るようになるために調理の勉強を頑張っています。そして、仕事と勉強を両立しながら卒業3年後には管理栄養士の資格を取得したいです。在学中から対策講座もあり、国家資格を目指し勉強を頑張っています。
栄養士校1年 阪田 芙美
出身校:稲築志耕館高校
photo
短大ではなく、平岡を選んだ理由
私が平岡を選んだ理由はカリキュラムの違いです。平岡は給食管理実習、基礎調理実習などの授業が短大・大学より多く、施設設備も整っています。また訪問介護員2級の資格が取れることも魅力でした。平岡で調理もできる栄養士を目指して頑張っています!
栄養士校1年 相田 智美
出身校:久留米市立南筑高校
photo
在学中から卒業後までしっかりサポート!
平岡では在学中から対策講座があり、卒業後も国家試験合格までしっかりサポートしてくれます。模試を学内で実施し、目標を持って勉強に取り組めるので、卒業生同士励ましあいながら合格をめざし頑張っています。私も卒業後ストレートで合格できるよう在学中から勉強に取り組んでいます!
栄養士校2年 東 美菜子
出身校:福島高校
photo
実験の授業で専門性を高める
2人で1台の実験台ができ、一人ひとりが実験に携わる時間が増え、より考え、理解が深まり学習効果が高くなりました。例えば手指にどれくらい細菌が付いているのかを調べたり、牛乳のカルシウムを計測したりと身近なもので実験をします。平岡では楽しみながら実験できますよ!
栄養士校1年 安達 清美
出身校:福岡西陵高校
photo
一人一台の実習室でマンツーマン指導!確実に料理の腕が上がる環境が整っています
基礎調理実習は、基本的な包丁使いや鍋使いの技術を習得する授業です。私は高校で調理師免許を取得しましたが、一人一台の実習台が使えることに驚きました。先生からマンツーマン指導で教えてもらえるので、調理の腕が上がります。
栄養士校1年 中山 恵里南
出身校:福岡市立福岡女子高校
photo
給食管理実習で鍛えていれば就職先でもこわいものナシ!
現場に入って“即戦力”となれるよう給食管理実習では、15人1チームで一度に200食以上のランチを作り、学生に提供します。大量調理のポイントや調理のスピードが身につくため、卒業生からも一番役に立ったといわれる授業です。
栄養士校1年 笛田 将之
出身校:出水中央高校(鹿児島県)
photo
“本物の味”がわかるプロに
食品加工実習では、全て手作りが基本。普段何気なく食べている、ソーセージ、豆腐、ジャム、梅干、味噌、こんにゃくなどを一から製造します。大量に作った味噌やジャムは学生が食べるランチや実習で使い、本物の味を食べて学べます。
栄養士校1年 吉永 裕貴
出身校:昭和学園高校(大分県)
ページの先頭へ