募集要項

HOME > OB・OGメッセージ

OB・OGメッセージ

夢を実現し、活躍する先輩たち。

卒業後、各分野で活躍する人材を多数輩出している本校。現場実習で指導役として後輩を指導するなどつながりが多いのも特徴です。今回、そんな先輩たちの仕事先を少し見学させてもらいながら、未来の後輩である皆さんにメッセージをもらいました。


photo 介護老人保健施設 のぞみ船小屋 勤務

平岡栄養士専門学校 19回生
出身校:久留米商業高校

野口 悦子さん(管理栄養士)

厳しかった先生方の指導に、
今は感謝しています

私の勤務する施設は最大82名の方が入所されており、栄養管理が主な仕事です。一人ひとりの状態をみながら、多職種からの情報や意見をもらいながら食事の内容や食事形態等を調整し、個々に応じた食事の提供ができるように努めています。薬と違って栄養の効果は分かりにくい面もありますが、入所時よりも健康面のデータが明らかに改善されて穏やかに過ごされていることが分かると嬉しく思います。学生時代に教えてもらったことで役に立っているのは調理の基礎技術です。栄養士は作業工程もイメージできなければ献立も作れません。また、レポート作成の機会も多く、提出期限も厳しく大変だと感じていましたが、社会人になったら書類を作ること、期限を守るということは当たり前です。そういうことを厳しく教えて頂いたことに感謝しています。私の仕事は、みささんに楽しくおいしく食べてもらえるサポートをすることです。利用者の方と多くの会話の機会を持ち、「こんなものが食べたい」という声をできるだけ献立に反映できるよう努めていきたいし、また最新の栄養研究に関することなど研修会などに参加し学び続けていきたいと思います。

ページの先頭へ
photo 医療法人社団 高邦会 柳川リハビリテーション病院勤務

平岡栄養士専門学校 9回生
出身校:三潴高校

菅原 英泰さん(管理栄養士)

「食事」という形で患者様の
命を預かっている栄養士

平岡に進学を決めた理由は、自宅から近いということもありましたが、パンフレットを見て「楽しそう」だと感じたからです。学生時代は調理実習と体育の授業が好きで、友達と一緒に取り組んだ文化祭も思い出に残っています。病院の栄養士は、入院をしているということ自体に不安を抱えていらっしゃる患者様相手です。食事の面で命を預かっているとも言えるので患者様との信頼関係がとても大事になっていきます。患者様から信頼してもらえるようになると、色々と相談を受けたりします。そして、栄養指導を通して患者様の状態が良くなってくると、一緒に喜ぶことができやりがいにつながっていきます。その信頼関係は患者様だけでなく、職場仲間にも言えることでコミュニケーションを取りながら同じ目的に向かって仕事に取り組んでいます。

ページの先頭へ
photo 日清医療食品株式会社 福岡支店(配属先:特定医療法人社団高野会 くるめ病院)勤務

平岡栄養士専門学校 22回生
出身校:筑紫女学園短期大学

鐘ヶ江 美幸(栄養士)

就職後のサポートも充実しているので安心です

「人の役に立てる仕事がしたい」と思い元々食の分野を高校・短大でも学んできたこともあり、栄養士を目指しました。平岡に入学を決めた理由は、実習が多く実践に役立てられると考えたからです。実際に平岡で学んだ給食管理実習は在学中は大変だと感じたものですが、今の自分にとても活かされています。それ以外にも図書室の推薦図書で買った本は今でも献立作成時に活用しています。実際に栄養士の仕事をしてみて、食材の管理や発注全体を見ていくことや、年上の人も含めて現場の皆をまとめていくことなど大変だと感じることもありますが、やりがいがあります。今は管理栄養士国家試験合格に向けて、平岡で開かれている卒業生向けの対策講座にも参加し頑張っています。自分ひとりだったら何から勉強を始めてよいか分からないところですが、講座に参加することで集中して取り組むことができています。平岡でしっかり学べば、現場で頑張れる栄養士になれると思います!

ページの先頭へ
photo さく病院

平岡栄養士専門学校 26回生
出身校:鹿屋市立鹿屋女子高校(鹿児島県)

内田 真紀子さん(栄養士)

平岡での思い出や
同じ目標を持つ友達は一生の宝物

毎日180~190食の給食、おやつを手作りで提供しています。大量調理や、子供たちへの栄養指導など、平岡で学んだことが大変役立っています。就職して実感することは、「栄養士にはコミュニケーション能力が必要」ということ。私は保育園勤務なので相手は子供たちですが、勤める職場による違いはあれ、栄養士は人と触れ合う機会が多い仕事だと思います。コミュニケーション能力を高めるために、挨拶も大事だし、何気ない友達との時間も大事だと思います。平岡には沢山のイベントがあり、私は文化祭の実行委員長をしたりヨーロッパ研修旅行に参加したりしました。これでも欲張ったほうだと思いますが、今振り返ると、「もっと行事を楽しめばよかった!東南アジア旅行にも参加すればよかった!」と思います。同じ職業を目指す、学生時代の友達は一生の宝、後輩の皆さん、平岡で沢山の友達・思い出を作って下さい!!きっと将来役に立つと思います。

ページの先頭へ